Foods

老化を防ぐ

プロポリスが持つ作用として、老化によって現れる症状に対して、改善させる作用があることが知られています。体を老化させる作用として、酸化ストレスによる問題が挙げられます。活性酸素や酸化型アルブミンなどの作用によって、人の体の細胞はダメージを受けてしまいます。こうした酸化によるダメージが繰り返されることで、人の体に加齢による影響がもたらされるのです。プロポリスは、こうした酸化によるダメージを低減させる効果を持っています。激しいスポーツなどを行なうと、体の代謝によって多く活性酸素や酸化型アルブミンが発生します。しかし、そこでプロポリスを摂取することにより、こうした物質が発生することを抑えられたのです。人の老化を促進させる物質を抑制する効果があるため、定期的にプロポリスを服用することで体の機能を若々しく保つことができるでしょう。

他にも、プロポリスを摂取することにより認知症などの症状を抑制することもできます。認知症による症状は、加齢によって脳細胞が減少してしまうことで発生します。パーキンソン病などは寝たきりの老人に発生することが多い病であり、脳神経を活発化させる神経伝達物質が減少することにより引き起こされる病です。脳の神経細胞は使われなくなると壊死し、時間が経つごとに萎縮してゆくため、認知症などの症状を引き起こすのです。プロポリスは、傷ついた脳神経細胞の修復を促す作用があります。プロポリスに含まれるアルテピリンCが、神経伝達を行なう突起の形成を促進させる効果が確認されているため、利用することで神経細胞同士の働きが活発化するため、認知症による症状を改善させることができるのです。プロポリスを服用することで人体の老化を抑制することができるため、加齢による諸症状に悩まされている人は利用することができるでしょう。